水道水に含まれるトリハロメタンとは?赤ちゃんにも安心して使えるの?

赤ちゃんのミルク作りは何の水を使用している?

 

最近の市販のミルクは、母乳と同じ成分が配合されており、事情があり母乳で育てられない場合などでも安心してミルクを飲ませることが出来ます。
では、そのミルクを作る時には、一体どの様な水を使用しているでしょうか。中には水道水で赤ちゃんのミルク作りをしているという方もいるでしょう。

 

確かに日本の水道水は、飲用水として利用するには何の問題もないと言われています。水道水からながれてる水を飲んでお腹を壊したという話は聞きませんよね。しかし、大切な赤ちゃんに飲ませるミルクに使用する場合、水道水について知っておいて欲しいことがあるのです。

 

水道水に含まれるトリハロメタンって何?

 

水道水には、消毒のために塩素が使用されていることは多くの人が知っていると思います。

 

この塩素が水道水に含まれる有機物と反応することで生まれるのがトリハロメタンと言う物質です。トリハロメタンは、発がん性がある物質と考えられている成分です。ただし、水道水に含まれるトリハロメタンの濃度は、人間の健康に影響を与えないというのが、国の一般的な見解となっています。

 

長い時間をかけて煮沸することで、その濃度を更に低下させる事が出来ると言われていますが、そのような熱いミルクを赤ちゃんが飲める人肌の暖かさにまで冷ますのは、非常に時間が掛かってしまいます。赤ちゃんは、日に何度もミルクを飲みますから、日常的にその様なミルクの作り方は困難と言えます。

 

出来るだけ赤ちゃんには、より安全性の高い水でミルクを作ってあげたいなら、ウォーターサーバーの利用を考えてみましょう。ウォーターサーバーの中には、赤ちゃんのミルク作りに最適な軟水を使用しているものもありますし、お湯をいちいち沸騰させる手間暇もかかりませんから、お母さんの負担も減りますし、すぐに安全性の高い美味しいミルクを赤ちゃんに飲ませてあげることが出来ます。

 

色々なウォーターサーバーの特徴を知り、ぜひ赤ちゃんのミルク作りに適した水を使っていきたいものですね。

 

アクアクララについて詳しくはこちらアクアクララ公式サイト