赤ちゃん用のミルク作りに使えるお水とは?2つのポイント

海外産のお水でミルクを作る時のポイントとは?

 

2011年の原発事故のこともあるので、赤ちゃんに与えるミルクのお水って気になりますよね。輸入品のお水を選ぶ方も多いのではないでしょうか。

 

国内の水道水では放射性物質が心配なので、ミネラルウォーターを使いたい。そう考えている方へのアドバイスです。

 

海外のお水ならばすべて安全というわけではありません。海外産のお水を使う場合は、2つのポイントに注意しましょう。

 

第一に『硬度』に気をつけましょう

 

お水は、中に含まれているマグネシウム・カルシウムの割合によって、硬水〜軟水に分かれます。

 

ミネラルの量が多いほど硬水となります。お水1リットルあたりのミネラルの量によって呼び名が変わります。

  1. 0〜100mg=軟水
  2. 100〜300mg=中硬水
  3. 300mg以上=硬水

以上のようになりますが、この内赤ちゃんのミルクには必ず【軟水】を使います。

 

赤ちゃんの消化器は未熟なので、ミネラルの多い硬水は身体への負担が大きく、下痢などになりやすいのです。
コントレックスは大人には人気商品ですが、これはミネラル分1468mgという硬水です。ミルクに使うのはNGです。

 

実は国産の天然水は大部分が軟水です。輸入品では、アメリカやヨーロッパのお水は硬水が目立ちます。

 

赤ちゃん向けのミルクに使う時はラベルをしっかり見て、不明な時にはメーカーに確認しましょう。

 

第二に『放射性物質』の検査に気をつけましょう

 

放射性物質の問題は日本に限ったことではありません。赤ちゃんを守りたい気持ちで輸入品のお水を使うのだから、当然注意をはらうべきです。原発事故では東欧のチェルノブイリでは今でも汚染が続いています。また、核兵器の実験も世界中で行われてきました。

 

海外の水=安全な水という認識ではいけないのです。しかし、”この国のお水ならば絶対安心”という事は判断できないのが難しい所です。できるだけ情報を集めて、自分のなりに納得できる基準を持つ事がひとつの解決策となります。

 

私もミネラルウォーターから検出される放射性物質には注意しています。例えばボルヴィックはミネラル60度の軟水です。お水の硬度を考えると赤ちゃんのミルク作りに適しています。あとは放射性物質が問題です。

 

そこで、メーカーに問い合わせてみました。ボルヴィックでは検出限界が1ベクレル以下という基準で検査しているそうです。現在の日本における安全基準は10ベクレル以下です。検出限界が1ベクレル以下という事ならば比較的安全なはずだろうと、私は判断しました。

 

赤ちゃんのために安全なミルクを作るには、いま挙げた「軟水を使う」「放射性物質を厳しく検査している水を使う」、この二つが重要です。できれば色々な種類の使えるお水を把握しておけば、品切れになった場合でも安心です。

アクアクララについて詳しくはこちらアクアクララ公式サイト