アクアクララは軟水?硬水?調乳に使って大丈夫?

ウォーターサーバーを選ぶ上で水質は非常に大切なことですよね。

 

その水質の中でも特に注目してほしいのが、水の硬度です。日本では基本的に軟水なため、軟水の方がおいしいと感じやすく飲みやすさがあります。硬水のメリットはダイエットや健康に良いといった点もあるのですが、お子さんやお腹の弱い方だと下痢の原因になることもあり、水の硬度は意外と重要なポイントなのです。

 

特に調乳のためにウォーターサーバーの導入を検討されている方は、水の硬度にも注目してウォーターサーバーを選んでいただきたいです。

 

今回はアクアクララの水の硬度について調べてみました。

 

アクアクララは軟水か?硬水か?

 

そもそも、軟水、硬水とは水に含まれるミネラル分の多さで決まります。一般的なミネラルウォーターでは100以下が軟水、101〜300が中硬水、300以上が硬水とされています。WHO(世界保健機構)が定めた基準では、60未満が軟水、120未満が中硬水、180未満が硬水、それ以上はさらに硬い水とされています。

 

アクアクララの水は硬度29.7と軟水になります。普段の飲み水やお料理に使うのにも適しています。軟水はだしを取ったり煮物を作ったりと和食に向いたお水で、繊細な味付けのお料理の味付けも邪魔しません。軟水でお腹にも優しいので調乳にもお使いいただける硬度の水です。

 

 

軟水のデメリット

 

唯一軟水のデメリットを挙げるとすると、硬水に比べて水そのものの味がないことです。逆に、味がないことでまろやかに飲めるというメリットにもなります。

 

軟水にはデメリットがほぼなく、一般的に「おいしい」とされる水は軟水が多いのは口当たりがまろやかだからです。調理、調乳にも使える軟水のウォーターサーバーをお探しの方は、アクアクララを検討されてはどうでしょうか?

アクアクララについて詳しくはこちらアクアクララ公式サイト